業務案内

WORK

株式会社丸信美建は千葉県我孫子市に事務所を構え、下記の各種業務を手がけております。関東一円で比較的大きな建物の施工に携わっており、作業にともなう土木工事も併せて行なっております。

一つひとつの作業に確認を徹底しながら工事を進めており、安心安全な工事をお約束します。業者をお探しの企業さまはお気軽にご連絡ください。

また弊社ではただいま、グラウト工事や左官工事といった業務に携わってくださる現場スタッフを求人募集中です。未経験の方も大歓迎ですので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

グラウト工事(無収縮モルタル注入)

グラウト工事とはRC構造物などにおける耐震補強工事の一つです。耐震補強に用いられる既存コンクリート部材と補強部材との間を埋めるために流動性のグラウト材を注入します。増打補強工事や鉄板巻き柱補強工事、鉄骨ブレース設置工事など、コンクリート構造物においてグラウト材の用途は多岐にわたります。

鉄筋コンクリート構造物はその建物自体の重さや気温の変化、酸性雨、塩害などさまざまな要因により劣化していきます。そのまま放置すると美観を損なうだけでなく、構造物としての耐久性が低下してしまいます。このような補修作業においてもグラウト工事は効果を発揮します。

樹脂注入工事

外壁の改修工事では、「ひび割れ」「爆裂」「モルタル浮き」などの補修項目をしっかりとチェックしたうえで作業を進めます。鉄筋コンクリートの欠損部や隙間にはエポキシ樹脂などの注入材を充填します。

細かなひび割れのすみずみまで注入が可能で、雨水や炭酸ガスといった不純物がコンクリート内部に侵入することを防ぎます。適切な補修によるコンクリートの剥離や脱落を防ぐことで、建物の耐久性を長期にわたり維持することが可能です。

モルタル吹付工事

大規模なコンクリート構造物において、塩害や中性化などによる老朽化が社会問題化しています。そこで劣化したコンクリート部分を取り除き、断面修復材で修復することで劣化の進行を防ぐ必要があります。その一連の工事を「モルタル吹付工事」と呼びます。

施工にあたっては用途ごとに専用の吹付機を使用します。あらかじめ練り混ぜられた断面修復材を吹き付ける「湿式工法」と、粉体と水または混和液を別々に圧送して吹き付ける「乾式工法」を状況に応じて適切に使い分けます。弊社ではモルタル吹付にともなう左官工事も併せて行なっておりますので、鉄筋コンクリートの補修ならぜひ弊社にご用命ください。

防水工事

屋根や屋上はなかなか目視することが難しい部分ですが、普段から風雨や紫外線にさらされているため、老朽化が進んでいる可能性があります。最初は小さな劣化でも長期間放置されていると、やがて鉄筋の腐食や雨漏りにつながってしまいます。そのような事態を避けるため、プロの目による状況確認をおすすめします。

【対応可能な防水工事一覧】
・シート防水工事
・FRP防水工事
・ウレタン塗膜防水工事
・塗り床

止水工事

【高圧注入工法】

高圧注入工法とは、打継ぎ部やひび割れなどの出水部をドリルにて削孔し、止水剤を高圧で注入することによって漏水箇所を閉塞・止水する工法です。

【導水工法】

導水工法とは、打継ぎ部やひび割れなどに沿って線状に漏水が発生している場合に、整形材料などを表面にシ-ルすることで漏水を排水溝に導く工法です。